切らないカントン包茎の治療とその費用

カントン包茎の治療には切る手術と切らない手術がある

カントン包茎の治療にあたり、中庭切ることに抵抗を覚える人も多いものです。
カントン包茎の治療には切る手術と切らない手術がある為、切らない手術を選びたいと思う人も多いかもしれませんが、どちらにもメリットもあればデメリットもあると言えます。
また費用についても大きく異なるでしょう。
カントン包茎の治療で切らない手術とはどのような事なのかと言うと、それにもいくつかの種類があり費用も異なります。
医療用のボンドや糸などを使い、余った包皮を切ることなく簡易時に止める方法です。
切らない長茎術を応用した治療方法もあります。
これは下腹部に埋もれている陰茎を引っ張り出して、糸で元に戻らないように固定するものです。
これにより包皮の余りを感じなくさせるといったものです。
このような切らない治療は、二重まぶたのプチ整形のような意味合いがあります。
切開しないことから腫れや内出血なども少なく気軽に受けられるかもしれませんが、経年とともに元に戻ることも考えられるでしょう。

カントン包茎の切らない手術の費用の相場とは

カントン包茎の治療にあたり、切らない手術を選んだ場合に、どれくらいの費用がかかるのかと気になる人も多いかもしれません。
一般的に切らない手術の費用としては、3万円前後とされています。
一般的なカントン包茎の治療の場合には、保険適用になるケースも多く、このような場合には、保険適用で3万円で切る手術も可能です。
しかし保険適用の手術は費用が安い代わりに、一定の方法でしか手術を受けることができず、場合によってはツートンカラーになってしまうと皮膚が引きつるなどのトラブルが発生する可能性もあります。
どのようなカントン包茎の治療を選ぶにしても、カントン包茎の治療は一生もののことであり、もしも切る手術を選ぶのであれば後戻りすることはできませんのでこのようなことからクリニック選びは非常に重要と言えるでしょう。
信頼と実績のあるクリニックを選ぶことにより、自信の持てるカントン包茎治療が可能となります。

まとめ

このようにカントン包茎の治療には、切る手術もあれば切らない手術もあることがわかりました。
切らない手術の費用の目安としては3万円前後であり、これは切る手術と比べた場合にはかなり安い費用であることがわかります。
しかし費用で全てを決めるのではなく、カントン包茎の場合には、切らない手術ではうまくいかない可能性も大いに考えられます。
後々の事を考えた場合にも、担当医としっかりと相談をした上で、自分に見合った最適な治療を選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です