泌尿器科でカントン包茎を治療する費用

カントン包茎の保険適用の泌尿器科での治療

カントン包茎は症状により保険適用になりますので、費用的には一部負担による治療を行えます。
しかし施術方法によっては保険適用でもある程度の費用負担の幅があり、診察と手術と術後の経過観測の合計では、目安として約3万円程度から5万円程度の負担が必要であると言われているのです。

施術方法は美容クリニックでは審美眼的な観点での施術が行われ、手術後の仕上がりが目立ち難いことが特徴です。
施術によっては保険適用にならなかったり、美容クリニックでは全て自己負担になるケースがあります。
その場合はカントン包茎の手術などの総額は、約12万円程度から20万円程度の範囲だと言われております。

これらの費用は一例であり、症状の重さや施術方法の選択により費用は異なります。
泌尿器科では保険適用として手術をすれば費用負担は少ないですが、仕上がりを指定したい場合には後述した美容クリニックを利用するのが適当です。
患者が望みに応じて病院を選び、診察を受けて納得して施術方法を選ばなければなりません。

カントン包茎のリスクについて

仮性包茎は基本的に手術が必要がなく、自分の意思で包皮を剥いて亀頭部を露出させることが出来ます。
また性的な興奮や外部刺激により陰茎が充血し膨張すると、自然と皮が外側に押し出されてゆくことで亀頭が露出するのです。

しかしカントン包茎は包皮の開口部が狭いことが多くありますので、勃起しても皮が邪魔になって亀頭部が露出しません。
すると皮によって亀頭部が押さえつけられてしまったり、外側から締め付けられることによって痛みや鬱血が発生してしまいます。
男性器には前述した海綿体や刺激神経、血管などが集中している繊細な部分なので、繰り返し鬱血などが起こることによりダメージを受けてしまうのです。

カントン包茎はそれ以外にもリスクがあり、包皮が剥けて亀頭部が露出しても皮が戻らなくなってしまったり、そのまま鬱血が続いて最悪の場合には壊死をしてしまいます。
これらを防ぐためには外科手術を行う必要があるのです。

まとめ

カントン包茎はいくつかの症状が特徴的になりますが、個人差が大きく専門の医師の診断によって症状が指定されることになります。
人により仮性包茎に近い形であり、勃起時に自然と亀頭部が露出するものの、包皮によって陰茎が締め付けられて痛みを感じてしまうことがあるのです。

その他にも包皮が足らずに勃起時に陰茎が膨張すると、押さえつけられるような痛みを感じる患者もおります。
外科手術の整形により治療したり緩和を行うことが出来るので、医師による診断が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です