クリニックでカントン包茎を治療する費用

美容クリニックでカントン包茎を治療する費用と費用相場について

カントン包茎は放っておくと徐々に悪化してしまうことが知られている状態であり、日常生活にも支障をきたす状態だと言えます。
包茎状態の時に包皮の開口部が狭いことが主な原因で、皮を外側に剥きにくかったり途中で止まってしまうなど、クリアランスの問題で機能不全を起こしてしまうのです。

平常時ならばそれほど問題にはならない場合が多いですが、性交渉時などは陰茎の海綿体に血流が流れて膨張しますので、よりクリアランスがシビアになり包皮により血流阻害が起こってしまいます。
改善するには外科手術が必要であり、泌尿器科などで診察から治療までを行っているのです。
保険適用の手術なので、機能的な改善のみを目的としております。

一方で美容クリニックは機能的な問題から、審美眼的な問題までを改善することを目的としており、施術によっては保険が適用されません。
自費診療となり費用相場は、10万円台から30万円程度の幅が費用の相場になります。
費用は症状のレベルによっても異なるのです。

カントン包茎の症状と危険性について

カントン包茎は陰茎の中心部と、外側の皮膚である包皮のバランスが崩れて起こる症状になります。
一般的には皮膚が短かったり、包皮口が狭いことで勃起障害を起こしてしまうことが原因となるのです。
問題は包皮を剥いた時に痛みが発生したり、開口部の狭さによって自身の陰茎を締め付けてしまうことにあります。

陰茎部が皮によって圧迫されると、痛みだけではなく血流を止めてしまう問題が発生するのです。
すると亀頭部に鬱血が発生してしまうので、陰茎内部では血管や神経にダメージを与え、それが繰り返されると障害になってしまう可能性も考えられます。
さらに鬱血を放置していると血液の流れが止まってしまい、最悪壊死などを起こしてしまう深刻な事態を迎えてしまいます。

カントン包茎は病院で保険適用して手術をすることも出来ますし、包茎専門の美容クリニックでは機能的な改善と、審美眼的で施術が目立たないような縫合手術を行うことが出来るのです。
美容クリニックでは保険適用できないケースもあるので、事前確認が必要になります。

まとめ

カントン包茎の手術は施術方法や、病院で手術を受けるか、美容クリニックで形成手術を受けるかによって結果が異なります。
病院では機能的な改善を重視して執刀が行われますが、美容クリニックでは機能改善と見た目を両立させて施術が行われるのです。

どちらにもメリットとデメリットがあり、費用的な問題や見た目の問題などとトレードオフになります。
カントン包茎の手術は患者の希望に応じて選択し、手術までの道のりを計画することが大切ですので、事前に情報を集めておくことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です